SING SHEEP BLOG

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

脱アナログ!?

梅雨が一気に猛威を振るう!?

季節は「梅雨時」なので雨が降るべき時期と思っていますが、毎日少しずつ降ってくれればいいのに・・・なぜ一気に降る・・・?と自然にツッコミを入れたくなるここ数日。

夜な夜な黙々と採譜をしております。

この春までは手書きで作成しておりましたが・・・。

ipadで便利に採譜できるアプリを入手!!

使ってみた。

手書きに比べると仕上がりが断然キレイで読みやすい。

歌詞も自分のクセがでず、何度も書き直す必要がない。

プリントアウトも超簡単。

便利〜!!と思う反面・・・。

いちいち音符の種類を選択する必要があること。

コードネームの入力に一部「難」があること。

日本語歌詞の場合、音符一個に対し、一文字ずつ選択してから入力すること。

あぁ〜手間がかる・・・。

などなど今のところどちらも一長一短。

しばらく脱アナログして採譜アプリをしっかり使ってみようと思います。

さて、今日もしっかりお仕事。

大雨や急速に変わる天候に注意しましょう。

- | comments(0) | -

SING SHEEP 7月レッスンスケジュール

梅雨時もやや折り返し気味・・・。

あまり雨の量は多く感じませんが、明日はまとまって降るかもとの天気予報。

千葉での大きな地震も心配ですが、心はいつもニュートラルで🎵

SING SHEEP 7月レッスンスケジュール

月曜日:7/6・7/13・7/27

火曜日:7/7・7/21・7/28

金曜日:7/3・7/10・7/17

土曜日:7/4・7/11・7/18

日曜日:7/5・7/12・7/19   です。

先日から大学の授業で試験使用しているフルフェイスシールド。

SING SHEEPでは特定少数の方々との個人対面ですので、ハーフフェイスシールドを試験導入しております。

声のこもりも少なく、マスク感覚で装着できる・・・フルフェイスシールドに比べると見かけの怪しさもややマイルドに。

ただし、顎が若干固定されるのでウォーミングアップ時のリップトリルは支障ありです。

久々に顔面フル見せでレッスンさせていただきます。

- | comments(0) | -

3とる!?

新型コロナウイルスかやってきてから新しい言葉・生活習慣が定着してまいりました。

「パンデミック」「ソーシャルディスタンス」など、私にとっては初耳なものばかり・・・。

特に「3蜜」に至ってはどの「蜜」か調べては忘れ、調べては忘れでありました。

今も「密閉」「密集」「密接」と書いた付箋をPCに貼り付け自分に浸透させております。

が、STAY HOMEからSTAY SAFEになるにあたり、新たな「3とる」なるワードが浮上!?

なんですと?

そして付箋に書き足す・・・。

*人との距離を「とる」

*人との距離を取った上でマスクを適度に「とる」

*水分を「とる」

だそうです。

大学の授業ではフェイスシールドを試験使用していますが、通常レッスン・日常生活ではマスク必須の中、感染予防しながら熱中症対策も忘れないよう自分の健康を維持することで大切な人たちを守りたいと思います。

- | comments(0) | -

ほぼフル稼働!?

5月末から大学の対面授業が再開されました。

換気・消毒・マスク必須での授業。

2年生と久々の対面、1年生とは初めての対面。

遠隔授業も良かったですが、やはり対面授業の方がしっかり声も聞くことができるし、表情が見えるので授業運びがスムーズ!!

対面授業の有り難さをひしひしと感じております。

が、季節は初夏・・・。マスクをしているととても暑い・・・とこれを機会にフェイスシールドを試してみる・・・。

・・・怪しい・・怪しすぎる!!

口元の圧迫感は解消されますが、若干声がこもる。

まだつけ慣れないので、無意識に鼻を触ろうとしてシールドに「ガスっ」カバンを肩にかけようとしたときに手が当たって「ガスっ」怪我をした時にカラーを付けられるワンコはこんな気分なんだろうか・・・?

予想外にいろんなところにぶつけてしまう・・・ちょっぴり不便を感じつつ、熱中症回避のためにもしばらく使ってみようと思います。

ヤマハのレッスンも一部再開となりほぼフル稼働。

少しずつ生活リズムを取り戻してまいります。

- | comments(0) | -

SING SHEEP 6月レッスンスケジュール

日本の新型コロナウイルスの収束が海外から見ると「ミステリー」とされているそうです。

ロックダウンもせず、ワクチン・特効薬も定かでない中、これだけ感染者が減少していった要因はなんなのか・・・島国だから?きれい好きだから?・・・よくわかりませんが、医療関係者や日常を支えてくださる人々がいてくれたこと、そのおかげで3蜜を避け自分にできる感染予防対策を個々にできた結果・・・それぞれがそれぞれの場所でできることをきちんとした成果なのでしょうか・・・。

このまま感染対策を怠ることなく、第2波到来を避けたいと思います。

そして今も治療に専念してる人々が1日も早く回復されますように。

SING SHEEP 6月レッスンスケジュール

月曜日:6/1・6/8・6/22

火曜日:6/2・6/16・6/30

金曜日:6/5・6/12・6/19

土曜日:6/6・6/20・6/27

日曜日:6/7・6/14・6/28   です。

いよいよ大学の対面授業の再開となります。

少しずつプライベートも外へ向けて・・・。

お友達のお店は通常営業が難しくなり、営業日時限定で予想外の本格ラーメン屋さん始めました。

「豚骨らーめん」「豚骨黒マー油らーめん」「豚骨カレーらーめん」

チャーシューも自家製!!サイズも小と大を選べますが、チャーシュー麺をチョイスすることもできます。

私は「豚骨黒マー油チャーシュー麺」を選びました。

「めっちゃ美味しい!!」

「かおりちゃん餃子」もおすすめ!!

営業は日曜日、朝11:00〜15:00となっております。

気になった方は是非、行ってみてください。

〒770-0934 徳島県徳島市秋田町2丁目23ジョイフルビル4F

Piano Bar escalier

よろしくお願いします🎵

 

- | comments(0) | -

続・続・続・好きなボーカリストを4人あげてください。

いよいよ4人目です。

Eva Cassidy(エヴァ・キャシディ)

アメリカ出身のボーカリストであり、ギタリスト。

彼女の歌はとても多彩。

ソウル・ポップス・ジャズ・ブルース・フォーク・カントリー・ゴスペル・・・何を歌っても納得の歌唱力。

ビートルズやトラディショナルなカバーも多数残し、若くして亡くなりました。

かつて「アルデナイデ」というバンドをしているときに彼女のバラードをカバーしたことがきっかけで大好きになりました。

とても歌い甲斐のある曲で、歌っていてとても気持ち良い!!

その後、ソロで弾き語りなどする中で年齢を重ねてこれから歌うにあたり「こんなふうに歌えたらいいなぁ」と思わせてくれるお手本アーティストの1人となりました。

4人に絞るのは本当に難しかったですが、ボーカリスト以外のアーティストも含め、数え切れないほどの人々に刺激をいただき、今の自分があるんだと改めて認識する機会となりました。

このバトンを渡してくれた鳥取県の歌姫「大森亜紀子」さんに感謝。

せっかくなのでStay Homeのおかげで湧き上がったメロディや歌詞にこれまで受けとったものを少しずつまとめて作品にしていこうと思います。

- | comments(0) | -

続・続・好きなボーカリストを4人あげてください。

5月14日に徳島県の緊急事態宣言が解除されました。

とはいえ、マスクを外してイェーイ!!な気分には当然なれず、これからも感染第2波を招かないよう3密(密閉・密集・密接)を避け新しい生活リズムを確立したいと思います。

そして当然、1日数回の検温は続く・・・。

続きがあるといえばまだご紹介できていない「好きなボーカリストを4人あげてください」

Stay home中に回ってきたバトン繋ぎ。

本日は3人目をご紹介!!

「Glenn Hughes」

もともとハードロックが大好きで、90年代にはオムニバスCDなどを買い、聴きあさる中で虜になりました。

「The Voice Of Rock」や「The God of Voice」の異名を持つイギリス出身のベーシスト兼ボーカリスト。

トラピーズ、ディープパープル等を経てソロ活動開始。

今も定期的にアルバムを発表し、圧巻のパフォーマンスは健在。

一度だけ行ったライブでサインをもらい、手の甲に💋をいただいた次の日にベースを買いました。

もう一度生歌を聴きたいと思いますが、日本では難しいかも・・・。

SNS等ネット配信が当たり前になりつつある今、生配信とかしてくれたらと切に願います。

 

- | comments(0) | -

続・好きなボーカリストを4人あげてください。

FBで回ってきた「好きなボーカリスト4人あげてください」バトン。

先日、1人目をご紹介してので、今日は2人目。

*Bette Midler(ベット・ミドラー)

歌手でもあり、女優でもある彼女の出演作「ローズ」を観て、釘付けならぬ耳付け?になり、放心状態から脱却するまでにしばらくかかった特別な存在。

彼女は演じただけかもしれませんが、破滅的かつ繊細な歌・・・私の中では当時最もカッコいいロックシンガーの象徴でした。

「フォー・ザ・ボーイズ」や様々な映画やミュージカルに出演。

容姿が歌を表すのではなく、歌が容姿を表すとはこういうことなんだと教えられた気がします。

 

- | comments(0) | -

5月8日より・・・。

 

「Stay Home」週間から更に緊急事態宣言期間が延長になりましたが、徳島県では状況が著しく悪くならなかった事と、もともと休業自粛要請が出ていなかった事に加え、特定少数・完全マンツーマンの個人レッスン・レッスン室の換気と生徒さんとの距離も十分に取れるということから、除菌・消毒・空気清浄等を徹底した上でSING SHEEPのレッスンを再開させていだだきます。

お待たせしました!

4月のレッスンを1回お預かりさせていただいている方は、今月はいつもより多く来ていただく事になりますが、よろしくお願いいたします。

これまでしていたマスクや予防対策をしっかりして、元気にいらしてください。

なお、体調不良ややむを得ない事情でレッスンに来られない方は、お気軽にご連絡ください。

皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。

 

- | comments(0) | -

好きなボーカリストを4人あげてください。

選べない!!

が、人の歌声に衝撃を受け、今も自分が日々歌っていく中でたくさんの刺激や安らぎを与え続けてくれているアーティストをご紹介。

1人目!

#Rosemary Butler(ローズマリー・バトラー)

初めて歌声を聴いたのは小6のとき。

角川映画が満を持して発表したアニメ映画の主題歌でした。

音楽監督はシンセサイザーの巨人とも異名を取る元ELP(エマーソン・レイク&パーマー)のキースエマーソン。

シンセサイザー音・独特な浮遊感満載の中で力強くまっすぐ届いた彼女の歌声は本当に衝撃的でした。

「歌ってみたい」と思いましたが、当時英語の曲を歌える術もなく、歌の素晴らしさを実感するに留まる・・・。

ボニーレイット、リンダロンシュタット、ジャクソンブラウン、ジェームズテイラーなどのバックコーラスやセッションを務め、歌唱力の高さに定評があると後に知った彼女の経歴に「私の耳、Good job!!」とガッツポーズ!!

子供の時に素晴らしい出会いをしたおかげで今の自分が存在することに感謝して、これからもありがたく音楽人生を豊かにしていきたいと思います。

 

 

 

 

- | comments(0) | -